INFOMATION

【 個展開催中 】

10月31日まで東銀座にあるun petit GARAGEにて個展を開催しております。

今回は新作の平面絵画を10点程展示してます。是非ご高覧下さい。

◼森山亜希個展『ICON』

会期 / 2018年9月3日(月)-10月31日(水)

開館時間 /12:00 - 18:30

入場料 / 無料

会場 / un petit GARAGE

http://yyarts.co.jp/exhibition/akimoriyama_icon/

【開催中】森山亜希「ICON」 | YY ARTS

森山亜希『ICON』 会期:2018年9月3日(月)~10月31日(水) 12:00~18:30 土曜・日曜・祝日休み(9/8、9/22、10/6、10/20の土曜はオープンします) Opening Reception:2018年9月8日(土)17:00~20:00   Aki MORIYAMA「ICON Ⅴ」 50x50cm / Acrylic,Oil on Canvas / 2018   この度、un petite GARAGEでは、森山亜希の個展『ICON』を開催いたします。 1991年生まれの森山亜希は今年の春に東京芸術大学美術学部絵画科を卒業、現在は同学院に在籍中です。学びを続けながら、いつも高い意識を持って活動しています。私たちは人を捉える時、しばしば相手を性別、年齢、人種、学歴、といった部分から「大きい枠組み」「大きい主語」で捉えようとします。その認識の仕方は「相手を解像度が低いアイコン」として見ているようだと森山亜希は考え、新作『ICON』に取り組みました。1年ぶりの個展となる森山亜希の新シリーズの作品をこの機会にぜひご高覧いただけますよう、よろしくお願い申し上げます。   _____________________     昨年の森山亜希さんの展覧会を行って気づいたのは、森山さんの作品は現代の空気をダイレクトに表現していて、たくさんの人の心を引き付けてきた、ということです。 今回の展覧会「ICON」では、人々がバイアスを通して他者を認識した時の像を、ぼやけたアイコンとして定義しています。例えば、私たちは初対面の方に対して、性別や年齢、学歴や企業名によってどんな人なのか、を想像と共に捉え、決め付けることが少なくありません。さらに人種や宗教、出身地や富裕か貧乏か、などでも無自覚で認識の枠を作ります。そうした他者への無理解を「解像度の低いアイコン」と変換するのが今回のテーマになっています。「当事者意識」という言い方がありますが、私たちはどういう時に遠い痛みや離れた哀しみに対して「自分の問題だ」と理解することができるのでしょうか。ITの時代だからこそ、そこに決定的なポイントがあると思います。森山亜希さんの新作をぜひ見にいらしてください。お待ちしています。山口裕美(アートプロデューサー)   __

株式会社 YY ARTS